スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
沢尻会と合コンしませんか?
2007-06-21 Thu 02:01
ここんとこ、ドラえもんの寝どこ(押入れ)みたいな記事連発なんで、普通に。
最近、やっとちょいと前に出たマルコム・マクラーレンとヴィヴィアン・ウエストウッドのDVDを観た。
ヴィヴィアンはまー、想像通りで。
マルコムの方が改めてスゲーわと。ピストルズ以降ね。
んでもって守備範囲じゃないけど”ヒップホップ”ってやっぱ物凄い発明だよね。80年代の。実際は70年代からあるけど、本格的にって意味ではさ。
当時のジョン・ライドンやクラッシュが”ヒップホップ”に走ったのも自然な流れだったのかも。
だって、すごくクリエイション。
既存の価値観ぶっ壊して創造するっちゅー、”PUNK”の基本概念。
当時、ピストルズなくなって、周りのバンドもどんどん消えて、そこからニューウェイヴか、スタッディーなディスチャージ、
G.B.H.のハードコアかそんでヒップホップかみたいな時代のキッズだったら、ヒップホップに行ってたかもって思うぐらいの”ビカッ””ズギャーン”な少年ジャンプ擬音を感じましたよ。
つーか、RUN DMCとかビースティーとか格好良かったもんな。
90年代からはほとんど興味ないけどね。とりあえず、ゴールドに金歯入れてリムジンにビッチビッチなんて
オイラには危険過ぎるってもんだ。そんな世界は池上遼一のマンガで充分だ。

んでもってその2枚のDVD観て感じたのは80年代って、いかに実験的でアヴァンギャルドな時代だったかってのが良く分かる。

2007年の今は、あの時代に昇華されたモノ、されきってないモノの遺伝子達が
アマゾンの奥地で百科事典に載ってない昆虫が毎年誕生するように見た目加減は違えど
やはり、あの時代の頃のような刺激をばくれちょる。
”炭酸”みたいなヤツを。
そう、80年代は”炭酸”みたいな時代かもしれない。
              
前に”シティコネクション”を「後ろ向き風前向きな」って言ったのはこういうことを言いたかったのかも知れない。
決して懐古趣味なんかだったら一回きりで充分。
良く言う「一周した」感覚とも、少し違う。
まー、今の自分がそんな感じってことで。

で、タイトルは例によってアクセス稼ぎ。

知らねーよーだ。
そんなもん。
マルコム話だから”ロックンロールスウィンドル”ってことで。
うん、今ひとつだな。

で、さっきの話のつづき。
去年デビューで今年の春に解散しちゃったオレ的グッサリだったバンド。英国産。
と、ブラジルサンパウロ発のサマソニ来るみたいねの2つ。
80’s DNAソーダご覧あれ。

"

スポンサーサイト
別窓 | YOKOYAMA RADIO CASSETTE | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<贅沢日和 | CITY Connection | UFOに乗ってやってきた坂本竜馬のお友達。>>
コメント
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

トラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| CITY Connection |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。